INTERVIEW社員の声

苫小牧エリアを中心に、内線工事の施工管理を担当

菅原 琢馬

内線事業本部 苫小牧支社

室蘭工業大学 卒
2016年入社

菅原 琢馬Takuma Sugawara

<主な担当業務>

建築物に関する電気工事の施工管理を担当。建築設計図をもとに、電気関連の工事に必要な施工図の作成に始まり、現場施工に必要となる職人さんや資機材の手配、工程管理、安全管理などを行い工事を動かしていく。

■ 札幌を代表する建築を担当

内線事業本部の担当する業務は、電柱に敷設された配電線から、建築の屋内へと配線を行うところからスタートします。これまでに、札幌のわくわくホリデーホール(現・カナモトホール)、創世スクエア、札幌医科大学の増築工事など札幌を代表する建築を担当しました。こうした大きな現場は複数で入りますが、工事の規模によっては一人で担当することもあるなど、現場によって体制はさまざまです。

■ 自分の考えを生かせる仕事です

建築物に必要となる電気工事を、設計図に則って進めていくことが私たちの仕事ですが、実は具体的な進め方に関して決まったものはなく、自分で考え、判断して動かせることが、この仕事の魅力ですね。クライアントと打ち合わせを行い、より良いと思える方法を提案。その結果、自分の思い描く通りに変更となることもあり、それが実際に出来上がっていく姿、完成したものを現場で見られることに、私は一番の喜びを感じています。

菅原 琢馬
菅原 琢馬

■ 交渉力が身についてきました

自分なりに考え、仕事を進めるといっても、決して勝手に何かを動かすわけではありません。そこでは、しっかりとそれを伝え、理解・納得してもらうためのプレゼン力が求められます。また、現場の職人さんに対しても、自分の思いを伝えるとともに、的確・安全に作業を行うために意思疎通が不可欠です。技術の仕事ですが、最も重要なのは対人力であることを理解しつつ、さまざまな人との交渉力が身についてきていることを実感しています。

■ 現場代理人を目指し挑戦中

現場代理人として、工事を取り仕切るために必要となる資格取得に現在、挑戦中です。工事金額(請負金額)に応じて、必要な資格のレベルが異なるので、一つひとつステップを踏みながら上を目指したいと思っています。そして、自分の采配で、さまざまな現場を動かし、実績をつくっていきたいですね。

菅原 琢馬
菅原 琢馬

■ 上司とも自然に話せる職場です

現在、私は登別で動いている現場を担当し、現地に滞在しています。上司を含むメンバーは、どちらかと言えば仕事には寡黙に取り組むタイプですが、一方で、必要なことがあれば、どんなことでも気軽に話せますし、厳しい上下関係といったものも一切なく、自然に協力し合いながら仕事に取り組んでいます。その意味で、余計な気を使うことなどもありませんし、働きやすい職場だと感じています。

INTERVIEW

社員の声